FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評のちから

学習院大学教授の中条省平氏が朝日新聞上で
星野博美さんの「のりたまと煙突」という本について書いた書評。

日常生活で観察されるささやかな出来事を描かせて
星野博美の右に出る書き手はめったにいない。
さらにそこから結末までの、間然するところのない展開。
例えばこんな話がある。
 「私」はカフェでランチを食べていた。
給仕したのは、いつもはルーズソックスを穿いてそうな女の子。
そそっかしく、フォークを落としてアイスクリームのグラスを割ったのにも気づかない。
最近の若い女性に、こういう体の末端に力が入らない人が多い。
そんな状態で、君たちこの過酷な世界を生き延びられるのかい、と「私」は思う。
なんだか腹も立った。
 その後、別のファミレスで、ウェートレスがスプーンを落としてグラスを割った。
客の中年男性はグラスをじっと見つめ、こうつぶやいた。
「俺の人生、今日で終わっちゃったりして」
ひきつっていたウェートレスの顔が、明るく溶けた。
 同じ瞬間の異なる反応に、中年客と自分の人生が凝縮されている。
「私」はどうしようもなく落ち込んだ‥‥‥。
 ささいな変化を見逃さぬ観察眼が、細やかな感性に濾過され、
一瞬、するどい思考に転じる。
ここに、現代最良のモラリストがいる。
 東京の中央線沿線で何故飛び込み自殺が多いのかという謎を扱った章も興味深い。
著者が愛する香港の風景と比べて、東京という都市、
いや日本という国の風景の本質をえぐりだす見事なエッセーだ。
そういえば、この本には死を扱った文章が多い。
家族の、友人の、愛猫の死。人は死をいたむ。その悲しみ。
人は死を忘れる。そのエゴイズム。
「すべてを忘れて、私たちは幸せに近づいたのだろうか」
星野博美は常に物事の隠れた一面に目を向ける。
そのまなざしの意外さに、読者ははっと胸をつかれる。
そして、自分もしゃんと背筋を正したいと思う。
そんなスリリングで感動的なショートエッセーが50編もつまっている。
 「最後のクリスマス」という話など、
近頃ほとんどみない短編小説の模範のような切れ味だ。
一つ一つのタイトルのうまさにも惚れ惚れする。

ライン

この文章を読んで
この本を買いたい!と思ったのだけれど
この本に魅力があるのか、この書評に魅力があるのか‥
本屋さんでたしかめてみようと思います
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://makenaipower.blog66.fc2.com/tb.php/44-940fcf61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第63回「どうでもいいけど気になること」 «  | BLOG TOP |  » オシムJAPAN?

プロフィール

さぼてん1958

Author:さぼてん1958
遊びに来てくれてありがとう♪
日々アンテナを張って
素敵なもの、楽しいことを
探しています。
どうぞよろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。